小出茜「女子脳小部屋」展@パルコファクトリー開催中♪

09/10/20 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

トラックバックURL:http://sugohaya.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=133

カイカイキキ所属アーティスト、小出茜さんのもうひとつの個展、
「女子脳小部屋」@パルコファクトリーが先週末からはじまりました。


いわずとしれた、現役高校生の茜ちゃん。
埼玉のカイカイキキ巨大工場の一角で、
夏休み返上して制作されていた現場を、一度たずねたことがありました。
そのときの様子はこちらとかで
大小の力の入った新作の数々が、先日のトリニティギャラリーでの個展に続き、
いよいよババババーン!と一挙にお披露目。
会場に入ると、そこは、まさに茜ちゃんのお部屋でした。

お家からもってきた小物や、近所の百均で調達したという飾りものなどが、
壁や床のあちこちにちりばめられ、その合間に点々と絵画が並びます。
雑誌のきりぬきとか、ここのとこ夢中で制作していたというぬいぐるみもいっぱい見つかります。
プランは伺っていたのですが、ここまではじけちゃってるとは!!!
「自由!」
まず出てきたのがその一言でした。
なんか、こだわりなく、好きなようにやってる感じが、爽快そのもの。
若いってほんと、すばらしいなー。

日々感じることや思ったことの延長線上に絵が生まれてくるということ、それをこの空間に入った瞬間に了解できる、自然体で、ほほえましい展示でした。こんな風に好きなようにやってみたらいいんだ!って励まされる、絵が好きなティーンエイジャー、たくさんいるんじゃないのかな。。

会場にはいろんな女の子がたくさんいますが、少女の肖像というところから、さらに絵としての進化をとげてる、こんなしゃれた絵もあって、心惹かれます。

一番気になったのはこの絵。タンタン坊ジュニア? 少女が別次元の存在に異化されてるのがおもしろくて。

この子も、前に見たときから忘れられませんでした。だって、この表情!!(笑)
ちょうど、「電脳コイル」のおやじキャラが好きだという話をしていたので、なんだか、その後もおやじとイメージがかぶってしまいました。

一番新しいドローイングなんですって。進化してますよねー。表情がぐっと大人っぽくなってました。
小さなときめきとか、悩みとか、せつなさとか、絵や空間から、十代の日常がかいま見えるのが、なんだか胸キュン。
彼女の素直さそのものに、元気を充電してもらえます。
お菓子とかもちこんで、靴脱いで、ここでゴロゴロしながら時間をすごしたくなりました。
トークや講評会もあるそうなので、みなさんぜひ!
11/3までです。
>茜ちゃんのブログはこちら
***
オープニングのとき、中高生がつくる中高生のためのアートフリーペーパー
「FARU18」の記者さんたちが取材にいらしていました。
制服着た彼女たちはかわいくて、そもそもそんなアートフリペがあるっていうことに驚きマックス。数年後に、ビッグ・アーティストぞくぞく登場の予感大ですね!

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes